今年度の研究

研究部長 篠遠 信行(文京区立青柳小学校長)

1 研究主題

よりよい人間関係や生活をつくり、自己のよさを生かす特別活動

2 主題設定の背景及び理由

 本研究会では、特別活動において育成を目指す資質・能力における三つの重要な要素として、「人間関係形」、「社会参画」「自己実現」を研究主題として取り組んできた。

 平成25年度から「人間関係形成」、平成28年度から「社会参画」、令和元年度から「自己実現」を研究主題として研究活動を行った。令和元年度から令和2年度にかけて研究主題を修正しているが「自己実現」の研究の背景及び設定理由は変わらない。

 令和元年度からは、特別活動で育成を目指す資質・能力の重要な視点である「自己実現」を「人間関係形成」「社会参画」と関連させながら学級活動・児童会活動・クラブ活動・学校行事において研究を深めることを目指している。

 一昨年度からの新たな研究は5年間の研究とし、新学習指導要領が目指す特別活動における資質・能力を育成していきたいと考える。

3 研究構想

特別活動の目標
 集団や社会の形成者としての見方・考え方を働かせ、様々な集団活動に自主的、実践的に取り組み、互いのよさや可能性を発揮しながら集団や自己の生活上の課題を解決することを通して、資質・能力を育成することを目指す。
(1)多様な他者と協働する様々な集団活動の意義や活動を行う上で必要となることについて理解し,行動の仕方を身に付けるようにする。
【知識・技能】①何を理解しているか、何ができるか。
(2)集団や自己の生活,人間関係の課題を見いだし,解決するために話し合い,合意形成を図ったり,意思決定したりすることができるようにする。
【思考・判断・表現力等】②理解していること・できることをどう使うか。
(3)自主的,実践的な集団活動を通して身に付けたことを生かして,集団や社会における生活及び人間関係をよりよく形成するとともに,自己の生き方についての考えを深め,自己実現を図ろうとする態度を養う。
【学びに向かう力 人間性等】③どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか。

特別活動で育成すべき資質・能⼒の3つの視点

○人間関係形成  ○社会参画  ○自己実現

研究主題

よりよい人間関係や生活をつくり、自己のよさを生かす特別活動

各部の研究主題

4 研究計画

令和元年度…仮説に基づく授業実践

・各活動、学校行事における「自己実現」を明確にし、共通理解を図る。

・各活動、学校行事における学習過程(課題解決)を構築する。

令和2年度…理論構築

1年目の研究を踏まえ3つの視点を関連付け育成する資質・能力について共通理解を図る。

令和3年度…理論・仮説の検証

実践を裏付ける理論の検証のための授業実践

令和4年度…理論・仮説の検証

令和5年度…汎用性・再現性のある提案

コメントは受け付けていません。